まりものまとめ

まりもの漫画作品や趣味、レポート・レビュー・お役立ち情報のまとめブログです。◆ゲーム・音楽・料理が好き◆元々、任天堂のMiiverseでイラスト投稿の活動をしていました!

【私が料理教室へ行って良かったこと】ABC Cooking Studio体験談【通うとどんな感じ?】

f:id:marimo_13:20190308204723p:image

今回の記事は、私が過去に2年ほど通っていた料理教室「ABC Cooking Studio」について詳しく体験談を書いていこうと思います。今回の記事を書くにあたって、事前に情報を調べたり、どこかのサイトから引用したりなどは敢えてしないことにします。あくまで自分の記憶と体験談・印象をもとに記事を作成しますのでご了承ください。

料理教室に通ってみたいけどどうしたらいいか分からない方などに読んでいただけたら嬉しいです。価値があった2年間ということは自信を持ってお伝えすることができます!

ちなみに↑このイラストは「本日の描きおろしイラスト~料理教室へ通っていた頃の私」です♪

 ABC Cooking Studio

 ABC Cooking Studioについて~自分の言葉で説明~

私個人が思うに、日本で今1番メジャーな料理教室なのではないかなと思います!

私は名古屋住みなのですが、主にイオンモールやパルコの中に店舗が入っているのをよく目にします。ちなみに私は2年ほど前、「イオンモールナゴヤドーム前店」の店舗のみ通っていました。受講していた講座は「毎月好きな料理を選んで受講するコース」「パンコースの基礎」「ケーキコースの基礎」でした。

店舗は日替わりにしても良い

通い始めるときに先生から説明を受けたのですが、日替わりで通う店舗を変えても特に問題がないそうです。例えば、土日は近所の店舗・平日は職場の近くの店舗に通っても良いということです。つまり、1度生徒になればどこの教室に通っても良いということですね…良心的です!

ABC Cooking Studioのおしゃれな雰囲気

私が2年間通っていて感じた雰囲気は「おしゃれ」の一言につきます! 店内も、習うレシピも全部オシャレ!生徒は女性が多かったので、女性が喜びやすいような工夫が沢山されているなという印象だったのです。つまり、「通いたくなるオシャレな魅力があった」ということです。どうおしゃれだったのか?その点について具体的に説明していきます。

習うレシピが写真映えするよう意識されていた

3月に料理を習いにいったときの思い出なのですが、「おしゃれ女子のピクニックメニュー」のような料理が見た目から楽しめる講座が開かれているのが印象的でした。ピクニックに持っていくお弁当にリボンがついていたり、彩り豊かに野菜で装飾されていたり…。講座は若い女の子でにぎわっており和気あいあいとした雰囲気がとても楽しかった記憶があります。

ランチョンマットもおしゃれだった

また、これは季節に限らず常に言える話なのですが、講座の料理を作り終えると、実食タイムで料理の下に敷く紙のランチョンマットがプレゼントでもらえます。毎回もらえるランチョンマットのデザインがとても可愛らしく、英語の文字が全面に筆記体でプリントされていたり花柄だったり…凝ったデザインのものばかりでした。それがいつも楽しみで、実食タイムのときに写真を撮影する時毎回ワクワクしていた記憶があります。一緒に講座を受講した方たちも楽しそうに写真撮影をしておりました。

フリー雑誌のレシピ集も毎月おしゃれ

 店舗の入り口付近にいつもフリー雑誌(自由に取って行ってOK)が置いてあるのですが、それもまたオシャレなんです。ちなみに、「これはフリー雑誌ですか?」と先生たちに尋ねたところ、「自由に持って行ってOKだよ」と言っていただけましたので、現場でちゃんと確認済みの情報です。

f:id:marimo_13:20190308153737j:plain

↑こちらがABC Cooking Studioのフリー雑誌です。おしゃれですよね…!ちなみにこの2冊は2019年(今年度)の2月版と3月版になります。私はすでにABC Cooking Studioは退会済みなのですが…なんと生徒じゃなくてももらえる冊子なのです!(こちらも現場で先生たちに確認済)。中にはレシピがいくつか載っていて、どれもおしゃれな見た目から楽しめる料理ばかりです。料理本を買うよりもお得ですし、料理教室が監修しているレシピなので本格的です。是非店舗を見かけた際には貰ってみてください。

 粗品やテキストがもらえてお得!

 料理教室に実際通っていた際に、受講後の実食タイムの最中や、帰り際に先生からいくつか粗品をもらう機会がしばしばありました。今までに私がもらった粗品は「シャンプーの試供品」・「ノンアルコールビール」・「エコバッグ」などでした。私は粗品をもらえるのが大好きなので、毎回とても喜んでいた記憶があります。結構しっかりした品がもらえるので、大変お得ですよね。

f:id:marimo_13:20190308153746j:plain

↑特に、いただいたこちらのバックがお気に入りです。確か入会した際にもらった記憶があります(その時々で入会するタイミングにより変わってくるとは思うのですが)。これがまた使い勝手がよくて、洗濯しても色落ちしないし、印刷ははがれないし重宝しておりました。今でもまだ使っております!

ちなみに、料理教室に実際に通っていた当初は「エプロン」「ふきん」「スリッパ」の必要持ち物3つを持ち運ぶのに使っておりました。

もらったテキストについて


f:id:marimo_13:20190308153733j:image

↑当時、料理教室に入会した際「パンコース基礎」「ケーキコース基礎」を契約したのですが、その際にそれぞれのテキストをいただきました。中身は生徒限定のものになるので見せられないのですが、パン作りとケーキ作りに関する細かい知識が詰め込まれた内容になっております。これぞ教科書!といった内容でかなりまじめな本です。

料理って身体で覚えるだけではなく、作る工程で科学的な要素・性質もありますし、素材についても理解しないといけないので、教科書が用意されていることに当時はかなり安心感を覚えました。特に、パン作りに関してはイースト菌の知識などちんぷんかんぷんだったので…おかげでパンができる課程を論理的に理解することができました。

この本、特に返却する必要がないのがありがたいところです。料理教室を通い終わった今もたまに読んで勉強したりしております。普通に本を買うよりも「料理教室が出版してる本」というところに安心感と価値がある気がするので、かなりお得だったなぁと、今になって思えます。

 実際にABC Cooking Studioに通っていたときに必要だった費用のこと

これからABC Cooking Studioを検討されている方の為に、最も重要な費用についても今回の記事に記載しておこうと思います。

私はクレジットカードで支払いしてました。

ABC Cooking Studio専用のクレジットカードを作り、年間費用を分割で支払っていました。2年間通ったので、24回払いで支払つつ通いました。

私が実際に支払っていた費用

私は「料理」・「パン」・「ケーキ」のフルコースで習いたかったので、3コースの受講×2年間でプランを組んでいただき、毎月6,800円支払っていました。最初高いなぁと少し思ったのですが、受講する際価格の高い食材(フォアグラを使う講座もありました!)も使用されていたし、先生の人件費のこととか考えると、こんなものだろうなと勝手に納得し、契約に至りました。

だいたい1つの講座が2時間程度だったので先生達の給料のことを考えたら、時給1000円くらいだとして2時間で2000円…。講座を用意する準備の時間が1時間だとしたらまた1000円…プラス食材のことを考えると…と自分でコストのことを計算していったら、6,800円なら払ってもいいかなと個人的に考えました。企業の収益のこともありますし…。これについては感じ方は人それぞれだと思うので個人でご判断下さい。

費用対効果~受講回数はどれくらい?覚えた料理の数~

私は「料理12回分」「パン6回分」「ケーキ6回分」で契約したので毎月6,800円×24ヶ月の支払で計「12+6+6=24」つまり24回分の受講ができました。24回分で料理の数が沢山覚えられるなぁと納得して契約に至ったのですが、それには具体的な理由があります。

料理講座は1回につき3~4品教わる

料理講座を1回受講する度に1つの料理というわけではなくて、「メイン料理」・「サブ料理」・「汁物」・「デザート」の4品パターンがだいたいの構成として多かった為、料理講座はかなりお得だなぁと考えました。「パン」「ケーキ」の講座は1回につき1品なのですが、料理講座は1回で3~4品というところに価値を感じることができました。

料理講座のレシピ数を考えるとかなりお得に感じた

料理講座で教わるレシピ数を考えると、「24回で毎月6,800円」という概念が自分の中で大きく変わっていきました。つまり計算すると…

  • 料理講座1回で最大4品×12回分=48品
  • パン6回分で1品ずつ…計6品
  • ケーキ6回分で1品ずつ…計6品

合計で60品も料理のレシピを覚えることができる!…という発見に至ったのです。60品のレシピってかなり膨大な量な気がします。それを料理のプロに直接教えてもらえる。これはお金を払う価値があるなと考えたんです。

教室の体制

私が通っていたときは、料理もパンもケーキも1回の受講で最大4~5人ほど習うことができました。その為、お友達同士で来ている人やママ友グループも多かったです。中には、カップルで来てる人もいました。

先生は1つの講座に1人つきますが、1人1人をしっかりとみてくれましたし、温かくコミュニケーションをとって下さりました。1人で複数の生徒を見なければいけないのに、2年間の間であたふたした先生を見たことは1度もありません。先生がみなさん優秀でした。

1人で通ってもいいか

私は1人で通っていました。1人で通っている人のほうがほとんどで、アットホームな雰囲気なので特に緊張もせず、面倒くさい人間関係もなくて気楽に通うことができました。先生が積極的に話しかけて下さることもあり、1人でも楽しく通うことができました。

男性が通ってもいいか

男性が1人で通っても、誰かと一緒に通っても全然問題ないです。むしろ、60代くらいの男性が1人で通っている様子もよく見かけました。その方は常連さんのようで、先生たちとも親しくしておりました。

これはその60代の男性の方と先生との会話を聞いて知ったことなのですが、なんとその60代の男性は「マスタークラス」1番レベルが高い講座を受講している方だったのです。今は男性の方も料理に熱心なのだなと非常に感心しました。

男性の先生もいました

私が通っている教室には男性の先生もおり、試しに男性の先生の講座を受けてみたところ、面白い先生だったので楽しい気持ちになりましたし、指示やアドバイスが的確で有益な時間を過ごすことができました。

先生は選べるの?

もちろん、先生を選ぶことも可能です。予約する際、希望する日にちに担当の先生の名前が記載してあるので苦手な先生は避けたり、好きな先生のいる日に受講することができました。さらに、先生の名前をクリックすると先生の情報や顔写真もでてきたので、先生の名前をいちいち記憶していなくても問題なかったです。大変便利な予約システムでした。

受講する際に必要な持ち物

今までの文章の中で少しだけ書きましたが、「エプロン」・「ふきん」・「スリッパ」が必須な持ち物でした。ちなみに私は髪が長かったので、髪はしばってから受講するようにお願いされました。また、結婚指輪やネイルをしている人はビニール手袋をするように決まりがありました。衛生問題もしっかり対策されているようです。

通い始める手続きは?

 私の場合は直接店舗へ行って、店舗の入り口付近にいるスタッフの人に話しかけました。そこで、先生から説明を受けて料金の説明や、体験会の案内を詳しく教えていただきました。

体験会がかなりお得だった

入会する前に、料理の無料体験レッスンを受講することができ、「ショコラベリーロール」というクリスマスっぽい雰囲気のケーキを無料で習うことができました。

あとがき&教室の詳しい概要

以上、長文でしたがABC Cooking Studioについての体験談と、実際に通ってみて良かったことや価値について詳しく説明してみました。本当に2年間価値のある有益な体験をすることができたので、その感動が伝わっていれば私も嬉しいです。ABC Cooking Studioについてはこちらが公式HPとなっています。↓

www.abc-cooking.co.jp

実際に通おうか悩んだり、気になったりしている方は直接お問い合わせされると良いと思います。

まりも